庭土の入れ替え(庭を後回しにすると余計にお金がかかります)

庭土の入れ替えは毎回予算配分で何かと悩まされるところです。

というのも、庭土の入れ替えは「費用もかかり」なおかつ「見栄えにはあまり関係ない」ため・・・お客様もプランナーもなかなかここに必要以上の予算を使うことには抵抗があるわけですね。
しかし、「その家にずっと住む」ことを考えれば必要な作業ですし、ご依頼時に庭の施工予定が先になる場合でも弊社では基本的に土の入れ替えを提案しています。

一般的に外構工事を先行する場合、当然、フェンスや壁、カーポートなどを設置しますが、後日(何年か経って)庭を作りたいな・・・と思ったときに、当然最初に作った外構によって重機が入れなくなるケースも多いため、表土の入れ替えは最初に済ませておいた方がトータルの費用的にも賢明です。

ただ植栽関連の書籍を見れば、当然ながらかなりの深さまで庭土をしっかり入れ替える必要性が書かれているわけですが、現実的にはある程度<妥協点>を設けなければ、「庭づくり」(の予算)が単なる「庭土の入れ替え」で終わってしまうことにもなるため、弊社では大抵の場合、表土20cm程度の入れ替えで済ませてます。

また植栽の施工時は費用対効果の点で、樹木の根株の1.5倍程度を掘削して根回りを良質土に置き換える客土で対応しています。
実際にはこの方法で数年経っても樹木も芝も草花も普通に成長してますし、雑草の発生も元からあったガラガラの土よりは少な目ですし、草取りも容易です。

そんなわけでエクステリア屋さんやハウスメーカーに「庭はまた後で」と当たり前のように言われても、やはり庭土の入れ替えだけはやっておきたいところですし、そもそもエクステリアだけやってその奥にある庭は「関係ない」では業者としての良識にも関わるような気がします。

まあうちは最初に全部一緒に勧めますが(笑)、カーポートは後にするケースが多いです。(駐車場での施工ですから後でもできますので)
そしてカーポート一台分施工するとすれば・・・・そのご予算で案外(今のさほど広くない分譲地では)ある程度立派な庭ができちゃうため・・・その後の生活の質と家の見栄えが大きく変わってくるものです。

以前の施工例ですが・・・

☆エクステリア屋さんがエクステリアだけ提案して工事終了です

(うちの会社では着工前)

☆ なんとか仮設道を作り庭に重機を入れ込んで庭土を入れ替えての庭づくりです

いずれにしても塀を先に作られてしまったため・・・材料はすべて手で運びこんでの作業ですが、やはり庭ができてようやく「らしくなる」ものなのですね。

ということで庭とエクステリアをそもそも分けて考えないようお願いいたします。

・・・・・・・・
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ほかの施工例はこちらからどうぞ!
緑の比率が高く緑に包まれるガーデン&エクステリアをぜひご覧ください。

TEL.026-214-6257

営業時間:午前9時30分~午後6時まで
定休日:土日・祝※ご予約があれば打ち合わせ可能
【対応エリア】
長野市 須坂市 千曲市 小布施町 上田市

関連記事

新着記事 おすすめ記事

施工事例

PAGE TOP