リフォームで庭は生まれ変わります

弊社では、ここのところ庭&外構のリフォーム工事が続いています。中古住宅を購入した場合や今ある外構が使いづらくなってきたときなど、リフォームのタイミングは色々ですが、どのお宅でも見違えるような空間になり、家族で楽しめる新しい庭に生まれ変わりました。ライフスタイルの変化で建物をリフォームするように、庭や外構もリフォームが必要になるときがあるのだと思います。

先日無事に引渡しが完了したO様のお宅は、山側の高い位置にあり、庭から市街地を一望できる抜群のロケーションでした。建物は中古住宅で、そこをリフォームして住むという事で、合わせて外構と庭もリフォームすることになりました。O様一家は小さなお子さんがいる若いご夫婦でしたので、庭は子どもたちが安心して遊べること、そして家族でたのしめる庭にすることがリフォームの目的です。

こちらは施工前のアプローチです。建物が道路からかなり高い位置にあるため、既存のアプローチはタイル貼りの階段でした。

年代を感じるタイルでしたが、このアプローチを全て作り直すとなると大々的な工事になり、費用も時間も相当かかってしまい現実的ではありません。今回のリフォームは庭側をメインに行ったため、アプローチは草だらけになっていた植栽スペースを枕木の花壇に作り変えることに留めましたが、これだけでもすっかり雰囲気が変わりました。

施工後のアプローチ

 

アプローチの脇には庭に繋がる通路があります。施工前はコニファーが植えられていました。ただ、この通路は道路から高い位置にあるため、万が一子どもが落ちてしまう事があっては大変危険です。そこで、ここには転落防止のフェンスを設置しました。また、再び草だらけになっては大変ですから、防草シートと砂利を敷き、歩きやすい通路としました。

 

庭はO様のご要望で大部分は菜園スペースにしました。

既存の金属製フェンスがありましたが、古くなっておりデザイン的にもイマイチ・・・ということで、ここは新しく木製のフェンスになりました。通常、目隠しフェンスをつくるときは高さ1,6m程度で作りますが、O様のお宅で高いフェンスを作るとせっかくの眺望を隠してしまうため、高さ1,2m程度のフェンスとしました。

また、このフェンスにはお子さんの顔がくる位置に窓も設けてあります。ちょうどお向かいにO様の実家があり、この窓はお子さんが「おばあちゃん!」と顔を出して手を振れるように作りました。

O様のお庭のメインは菜園スペースですが、もうひとつメインとなるものがウッドデッキです。施工前はすっかり古くなり、大人が乗ると板が抜けてしまうそうなほど傷んでしまったデッキでしたが、今回の工事で新しく安全なウッドデッキに作り変えました。

水道もレンガ積みの新しいものになっています。

施工前は草だらけだった庭を、すっかり見違えるような空間に変えることができました。庭があるとやはりお子さんは嬉しいようで、新しく生まれ変わった庭でこの夏はプール遊びを楽しんでいるそうです。また、さっそく家族でバーベキューをするなど、家族揃って庭を楽しんでいるというお話を聞き、とても嬉しくなりました。

古くなり、傷んで草だらけになった庭を見ると気分が沈んでしまうかもしれません。でも、そこで諦めなければ見違えるような空間に作り変えることが出来ます。生まれ変わった庭は家族が集う新しい居場所。お庭のリフォームで、思ってもみなかった家族の思い出を作っていくことができるのです。

O様、この度は誠にありがとうございました!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

ほかの施工例はこちらからどうぞ!
緑の比率が高く緑に包まれるガーデン&エクステリアをぜひご覧ください。

TEL.026-214-6257

営業時間:午前9時30分~午後6時まで
定休日:土日・祝※ご予約があれば打ち合わせ可能
【対応エリア】
長野市 須坂市 千曲市 小布施町 上田市

関連記事

新着記事 おすすめ記事
  1. 2017.07.28

    ウッドデッキ

施工事例

PAGE TOP