お客さんの両方欲しい!をどう解決するか・・・・

現在数件施工中ですが、その中でもこのN様の案件は・・・・
とにかく実施プランにたどり着くまでにかなり苦労したプランです。

つまり<傾斜地&高低差><駐車スペース不足&並列ガレージ+カーポートのご要望>そして<今ある既存エントランスの取り扱い>などで設計者としては久々に頭を抱えた案件でしたが、反面N様ご夫婦のご希望を何とか形にしてあげたい一心で何度も自分なりに頭を絞ってプラン作成を重ねて来たわけですね。

それにしても最初訪問した時からずっと気になっていたのはこの既存の階段でした。

(既存のエントランス階段部)

ただしこれを施工した外構業者さんの<苦心>も現場の制約から理解できました。

が、・・・・・これはやはり小さなお子さんがいるお宅では危ないです。

ただ駐車スペースの確保のため階段はこれ以上段数は増やせませんので・・・・<やっていて行き詰まったところで完成!>みたいな風でもあるわけです。(汗)

実際には全体を視野に入れてプランを考えずに北側の駐車場のことと「階段はこっち側!」という発想にとらわれてしまえばどうしてもこうならざるを得ませんので<施工した外構業者さんの<苦心>もわかりました>なのですが、とにかく北側の駐車スペースがほんと微妙なスペースで二台並列ではちと狭いのでこれもほんと頭を悩ませたわけです。

ただしこれも建築時に建物の位置をもう少し緻密に検討しておけばクリアできた問題かもしれません。
(いや、断定のなりかも。)

それにしてもこの危ない階段をスペース上、やはりこれ以上駐車場側へ広げるわけには行かんですし・・・・・・
さりとてこれはいつか落ちてケガするかと思うところです。

そんなわけで「最後に登場した自分がそれをひたすら考えてなんとか解決する」感じです。

結局発想を替え・・・イヤ、新築の家をもう一度良く見て初心に帰って邪念を捨てて考えれば、やはり南側に延びてるエントランスからしても、

「やはり建物は南に階段を作って欲しがっている」という結論に至るわけですね(笑)

(ここらあたりから階段で入れば玄関が一番奥でゆとり感じますよね)

つまりこんな感じ

で、土留めと裏の階段を壊してもう一度一から考えるわけですが、そこは世の中そんな甘くないはずですし、皆「茨の道」を避けるところですが、あくまで今回はNさんご家族のために茨の道を開拓するわけですね。

でもまあ予想通りです。
茨だらけ!

で、しかるべき処置を施して型枠とあいなります。

結局自分も最初このレンガの階段があったため北側からのアクセスばかり頭にありましたが、やはりこれからずっと続くこの家での生活を考えればベストの提案も大切ですし、避けられない「お金の問題」をきちんとお話して南にメインのエントランスを改めて作ることを納得いただいて・・・・

本来あるべき外構プランがすっきりと完成したところです。

結局何とか知恵や汗を絞っていろいろな制約の中でなるべく「どちらも」叶えてあげるのが我々業者の務めなんじゃないかと思いますし、きちんと緻密な部分まで検討してお客さんに無駄なお金を遣わせないことも大切なわけですね。

そんなわけで来週には北側のレンガの階段は姿を消し<裏口>としてこんな感じになるかと思います。

【追記】

その後、無事に完成しました。これでかなり使い勝手が良くなるはずです。

 

・・・・・・・・
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ほかの施工例はこちらからどうぞ!
緑の比率が高く緑に包まれるガーデン&エクステリアをぜひご覧ください。

TEL.026-214-6257

営業時間:午前9時30分~午後6時まで
定休日:土日・祝※ご予約があれば打ち合わせ可能
【対応エリア】
長野市 須坂市 千曲市 小布施町 上田市

関連記事

新着記事 おすすめ記事
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

施工事例

PAGE TOP