ガーデンエクステリア業者はボランティアではありません

何度も打ち合わせを重ね、その都度お客様のご要望に応じてはプランを変更し、そしてまた「予算には合わない」けれど「これも欲しいやっぱりあれもやりたい」との理由でまた変更・・・なんてことも毎回の打ち合わせごとに当然あるわけですが、中にはその後どういうわけかそのまま何も連絡が来なくなったり、なんていうことも一年に1~2回あるわけですね。

でも1回や2回の打ち合わせではもちろん文句も言いません。またいろいろな業者さんと較べたい気持ちも理解できますが、やはりそんな場合はたぶん最終的に何が自分達にとってよいのかわからなくなり、結果どこでやっても「これでよかったのか?」とお客さん自身が喜べない結果に往々にしてなるものです。

そんなわけで以前忘れもしないお客様では「何度も何度もプランを作れば安くしてくれると思った」なんてことを言われて「我々はあなた方のボランティアではありませんからこれまで掛った経費を全部お見せしましょうか?」とお説教をしてあげた若い旦那さんもおりました(笑)

つまりあくまで今後のお客さんの新しい家での生活が少しでも楽しく有意義なものとなるために毎回いろいろな知恵を一生懸命出しているものですが、それを逆手に取るような信義に反する情けない人も以前よりも何か多くなったような気もします。

またプランの作成やその後数度に渡る変更図面の作成も実際私やスタッフがそれなりの時間を掛けてやるわけですし、「パソコンがポン!と出してくれる」わけでもありません。

なおかつ打ち合わせも時間と経費を使ってするわけですから、これすべて我々からすれば<業務>ですからすべて人件費と経費が発生するものです。

この点「業者だからなんでも無料は当然」だと考えてこちらの費用負担には全く考えも及ばない方がまだまだおりますが、どの業者も一生懸命お客様のご要望をなるべく低価格で叶えるべく、知恵と時間と経費を掛けて対応しているものですから・・・・やはり最終的にはお客さまがある程度予算で折り合いを付けるか、それとも望むところまでがんばって資金手当てを行い思い切ってやってみるか、のどちらかになるものです・・・

当社の場合あくまでお客様側からまずご依頼を受けてそれからご要望に応じてすべて対応している業務ですから当然<何も対価がない場合>は最低限の費用だけでも請求する権利はあるとわたしは思っていますが、まあお客様がしばらくぶりにいましたので、これを書いた次第です。

そんなわけでお声がけいただいた案件については会社の信用上、責任を持って質の高い仕事を提供しておりますので、最低限のプラン料を御契約に至らなかった方にはご請求しております。

要はラーメン屋さんに入りラーメンを食べて口に合わなかったからとか、ラーメン頼んでおいてやっぱり今はお腹すいていなかったからお金は払えません・・・・

ということと同じことのような気もしますが、これを当たり前と思っている業者さんが全国にたくさんいることもこの業界が未だ建築業界の一部でありその下に見られている大きな要因でもあるところです。

自分のやった仕事・・・タダにふさわしいものですか?

 

 

 

 

関連記事

新着記事 おすすめ記事
  1. 2017.07.28

    ウッドデッキ

施工事例

PAGE TOP