建築工事を・・・引きずらないで

時々新規のお客様との最初の面談の時に・・・・<テンションがものすごく低いお客様>がいたりするわけですが(笑) まあ大体は家の建築時にいろいろなトラブルが業者と発生し、結局納得がゆかないまま建物の工事を終えた・・・・と言う方が多いところです。

そしてまたあらためて外構や庭の話になるわけですが、当社の基本スタンスは「建物ではうまくゆかなかった分、外構と庭で取り戻そう!」というスタンスですので、実際に最後にうんと喜んで家作りを終えられた方も多いところです。
また大金持ちがお金をとことん掛けた豪邸ならいざ知らず、やはり一般的な家作りではどうしても妥協したりする部分も多いところですから、こういう点でも仕方がないのかもしれません。

そんなわけで過去自分の家作りの時も、施工を請け負った工務店の社長が・・・・とにかく適当で仕事に全然身が入っていないタイプでしたんで(笑) 設計士と打ち合わせで決めたことが現場では<その前のプラン>で工事が進められていたり、(窓が付くはずのところが壁になってたり) 私に対しては丁重に対応しても、妻だけが現場に行って間違いを指摘するとどうもバカにしたような物言いだったり、結局最後の最後まで打ち合わせと違うことが現場では繰り広げられており図面を基本に作っている大工さんもさすがに参っていたわけですが、この点のあたりまえの手順を省いたり、必要最低限の連携が全然取れていないところで、まあうちの奥さんも最後はキレてましたが(汗)

まあそんな家作りでしたから・・・・外構と庭は自分達でやったわけですが、今はそんな適当な建築会社はたぶん淘汰されていますんでその頃とは違いますが、それでも時々やはり暗い顔をして初回の面談に来る方もいるわけですね。

いずれにしても互いに不信感が募れば募るほど、いいものはできませんので、外構・庭のプラン施工でうちに来る方は、この辺を最初にぶちまけていただければ(笑)最後に喜ばせて差し上げます。

当社は「相性」では仕事をしていませんので、あくまでお客様の求めるものをそのご予算で精一杯作ってあげることで・・・・なんとかこの十数年やってこれたところです。

だから最後に盛り上げてやはり家作りを終えさせてあげたいと思っています。

☆庭とエクステリアのおかげで今は気持ちよく住んでます

関連記事

新着記事 おすすめ記事
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

施工事例

PAGE TOP