緑の予算を最初に削らないでほしい・・・・

おかげさまでまた打ち合わせに現場にと動いてますが今年はやはり<予算緊縮型>のお客様が当然多い感じです。

もちろんこんなご時世ですから当然ですが新築の外構・庭作りの場合どうしても「緑」までなかなか予算が回らず・・・結果植栽や草花をバッサリ削るという概念?のお客様も以前より一段と多くなったのかもしれません。

でもやはり「年々深まる緑」もいいものです。

そんなわけで先日うちの(毎年まったく変らないワイルドな)庭の写真をちょっとだけ撮りましたのでアップです。

まあ紺屋の庭?というところで、ヨメさんが忙しい中・・・すべてやってくれてますが(汗)

エントランス付近  植物に任せときます・・・

 

庭の奥の方  植物に任せときます

 

十数年同じ場所の樽の近く  これも好きに咲いててくれって感じです。

 

土・・・・酸性 シダで畑への通路が通行止めですがいいんじゃないかと。

 

婆さんになったらほんと横着になってもう出てきません。

 

それから緑の価格を「安くて当然」という概念も捨ててほしいかと思うのとやはり門やアプローチも大事ですが自分の家は逆の順序で作ってきたわけです。

つまり植栽でゾーニングをして緑が少し豊かになってきたらそれにあわせてアプローチや花壇の仕切りなどを作って完成!という感じです。

・・・・・・・・

ほかの施工例はこちらからどうぞ!
緑の比率が高く緑に包まれるガーデン&エクステリアをぜひご覧ください。

TEL.026-214-6257

営業時間:午前9時30分~午後6時まで
定休日:土日・祝※ご予約があれば打ち合わせ可能
【対応エリア】
長野市 須坂市 千曲市 小布施町 上田市

関連記事

新着記事 おすすめ記事

施工事例

PAGE TOP