職人も自分が勤める会社の大切なお客様として工事にあたります

元々前身が土木の工事会社から枝分かれした(株)ガーデンファクトリーですので、やはり<工事>というものにも長年に渡るノウハウや運営方法、施工管理の技術があるところですし、自分がデザインしたものはやはり自社の職人でなければどうしても細部までの仕上げも納得のゆくところまでできないところです。

この点造園屋さんなども同じく自社職人での施工が多いところですが、反面展示場を出して営業を主体にしているようなエクステリア会社などではやはり<集客とプラン営業のみ>となり、施工はそのまま下請けというパターンですからやはりこの点で現場運営やお客様の受ける印象などもたぶん違いがあるかもしれません。

これも「アウトソーシング全盛の今の世の中ですが」下請けの職人ではどうしてもその人すべてに関して会社側では指示、管理もできないところですしあくまで彼らも自分の請けた範囲での対応しかできませんから、お客様からすれば「あの職人に伝えたのに改善されていない」・・・みたいなことも多々あるのかもしれません。

もちろんそのほとんどはモラルやマナーをわきまえた職人さんでしょうが、やはり自分の仕事だけをとにかく早く終えたい方ばかりですので、とにかく工事の種類が多岐に渡りながらも・・・各金額があまりに小さなガーデン・エクステリア工事現場の場合、下請け施工ですからどうしても現場作業もなるべく短期で雑然としてしまうことも往々にしてあるものです。

そんなわけでガーデンファクトリーでは専門工事以外の通常のご提案工事では毎日必ず打ち合わせや指示、管理ができる自社職人にて施工しておりますが、これも正社員として抱える大変さはありますが、全員が「自分の勤める会社の大切なお客様」という意識でやっておりますので、お客様に現場で言われたことなどもリアルタイムでわたしに届きますし、設計者と施工者が毎日その現場についての課題や問題点なども打ち合わせができますのでやはりこれまでお客様との工事に関わるトラブルはほとんどありません。

また先日施工したあるお客様も当初そんなエクステリア店に工事を依頼したわけですが、どうも設計者とお客様との打ち合わせをした人とそして現場の下請け職人との間の連絡、連携、打ち合わせがきちんとされておらず、どんどん何か違うものが出来て行く感じで・・・・結局途中で工事を中止してもらったとのことでしたが、やはりお客様との事前の綿密なプラン作成と、それがそのままきちんと現場で出来上がることは当然ですし、なおかつ毎日の工事もお客様の日常生活の支障になるべくならないよう当社の職人もかなりお客様とのやりとりを日々現場でしながら互いにうまくゆく形で施工をしているものです。

そのため職人の技術に限らず、工事中のお客様の満足や職人の作法や態度もガーデンファクトリーの<商品>のひとつであると思っていますんで、この点も常に社内での確認、チェックを行っているものです。

どんなによいプランでもやはり工事中のトラブルがあればお客様には喜んでいただけませんのでやはり<現場運営>も大切にしております。

(エクステリア屋さんがエクステリアだけやってあとからはできない庭は放置されてしまった御宅のお庭の修景工事です)

関連記事

新着記事 おすすめ記事
  1. 2017.07.28

    ウッドデッキ

施工事例

PAGE TOP