家を立てたら外構は必要なもの?

日本で『家作り』といえば『建物づくり』を指すことほとんどです。また、実際家を建てる方の関心も、建物だけに向いてしまってます。でも実際に家を建ててそこに住んでみると、”そうじゃなかった”ことに気付きます。

これは家を建てられた方の多くが感じることですが、家を建てるときは建物に全財産ハタイテしまっているので、完成後にお金は残っていません。で、当分の間は立派な家だけがポツン…と建ってるだけになっています。

これでは、せっかく一生を掛けて作った家が可哀想ですし、たぶん家を建てた喜びだってすぐに失せてしまいます。夢のマイホームに住んでみれば、家全体の『景観』があって初めて家作りが完成する、ということにも気が付くはずです。たとえネコの額の庭だって家族が楽しむ有効なスペースに十分なり得ますし、その空間があるだけで、毎日家に帰って来るのが断然楽しくなります。

家の景観をつくるものは建物ではなく、近隣や道路につながる外構・庭であり、外構や庭は言って見れば『家の洋服』です。ですから、せっかくこだわって家を建てた以上、敷地空間全体にもこだわってほしいと思うのです。

家をとりまく景観で、ビックリするほどその家の在りようが変わります。
たとえ家が建てたばかりの頃の輝きを失っても、庭やエクステリアは使う素材・プランニングによって年々風合いが深まり、いつまでもそこで充足して生活ができるものなのです。
また、『家族で庭に出る』ということだけでも、家作りが成功したと言えるのかもしれません。せっかく庭付き一戸建てを買ったわけですから、もう一頑張りしてほしいのです。
もちろん、今ある庭・ただ使わず荒れている場所を修景するだけでも、全く違った空間になり、本当の『生きた場所』になります。

 

なお当社にご依頼をお考えのお客様はまずはエクステリアや庭づくりについていろいろ詳しく記載した<ブログ>をぜひお読みいただければと思います。

 

PAGE TOP