立体感と躍動感あふれるロックガーデン

2006年
長野市 I邸

こちらの御宅はガーデニングをするために、わざわざ東京から信州に移住されたほどでしたので、弊社としても本格的な洋風ガーデンづくりのスタンスに立ってプランをしました。

【施工箇所】
 駐車場、アプローチ、庭
【施工時期】
 2006年

完成後の様子です。

施工前の様子です。

工事の規模はかなり大掛かりな土木工事でしたが、現場で出た石なども利用して、デザインや規模の割には安価で抑えることができました。

家に続く長いアプローチは枕木と芝を使用し、またパーゴラもつくりナチュラルな外観にこだわりました。このアプローチは、見えない地下部分では道路並みの構造となっています。

ガーデンシェッドは輸入したものを組み立て、現場で塗装を施しました。植え込みスペースはたっぷりとつくり、今ではI様が植え込んだ植物が青々と茂っています。

玄関前のアプローチも、当初は危険ともいえる勾配のきついコンクリートのものでした。 今回はハードウッドのリブ付き(凹凸のあるもの)の木材を使用し、耐久性とバリアフリーをクリアしました。

全体的にこれだけの案件になりますと本格的な施工技術がなければこなせないものですが、元々、土木工事の施工会社と技術者から分化した弊社ですので、 構造面での技術的な部分も取り込んだご提案を心がけています。

PAGE TOP