ナチュラルな素材感でつくる充足した空間

2003年
長野市 K邸

山荘風のイメージで作られた家ということで、自然の風合いを意識した石と木、そして緑をふんだんに取り入れた 『日常から切り離されるような空間作り』をコンセプトにデザインしました。

【施工箇所】
 駐車場、アプローチ、庭
【施工時期】
 2003年

完成時の様子です。

施工前の様子です。

アプローチ、花壇は全て噴石を使用しました。カタログにある工業製品を一切使用せず、フェンス、水道周り、駐輪場等もすべて現場で手作りしたことで、弊社の考える「ナチュラルなガーデンエクステリア」を形にできたお宅です。

庭へと続くスペースには右に駐輪場と薪置き場、左に植栽スペース、中央にサブ駐車スペースを兼ねて庭につなげてあります。足元には自然石敷きと芝を組み合わせ、ナチュラルでありながらも変化のある景観になっています。

上の完成写真から8年後の様子です。植物が大きく育ち、山荘風の住宅にふさわしい景観になりました。

時間の経過とともに噴石も馴染み、植物の成長とともにより深みのある空間になっています。

手前の駐車場から奥の庭に続くスペースも植物に囲まれ、住宅街にあることを忘れてしまうような、まさに『日常から切り離されるような空間』になりました。

PAGE TOP