明るくナチュラルなエントランスへの再構築

2009年
長野市 H邸

施工前はスチールのガレージ、コンクリートの駐車場といった少し殺風景なエントランスでしたが、 お庭がイングリッシュガーデンのレイアウトでしたので、お庭を活かしつつメリハリあるエクステリアを目指しました。

【施工箇所】
 駐車場、アプローチ、庭
【施工時期】
 2009年

完成時の様子です。

施工前の様子です。

エントランスはその家の印象を決めてしまうスペースですので、H様のお宅では既存の植物とも相性がいいイエロー系の素材を使い、明るい空間にしました。また、周囲の構築物、植物にポイントを置くために、ほとんど模様を入れずシンプルな仕上げになっています。 ひび割れ対策として入れたレンガの仕切りが、広いエントランスの程よいアクセントになってくれました。

隣地との境界は塗り壁にウッドフェンスを組み合わせた壁で仕切り、レンガ積みの花壇には宿根草や一年草、またコニファーを植え込みました。

H様のお宅は奥の庭スペースと手前の庭スペースがあり、手前を菜園スペースとして作り直しました。既存のガーデンシェッドを移設し、もとからあるウッドフェンスもリフォーム後の景観に馴染むようにブラウンで塗り直しました。

既存のレイアウトはいかしつつ、石積みや自然石のステップをつくり、メリハリのあるナチュラルな景観に仕上げました。今では植物が自然な形で生い茂り、リフォームした箇所が元からあったかのように馴染んでくれています。

PAGE TOP