日々の暮らしと景観性を調和させた空間づくり

2006年
長野市 H邸

道路や隣地との境界を植栽にしなければならない、一歩進んだ景観条例を設けた民間分譲地での案件でした。
プランニングではあくまで緑に包まれた数年後の景観を重視し、色合いを抑えながらのデザイン・材料の選定にこだわり、結果的に樹木の生長と共に近隣の景観を形成する、ひとつのスペースになりました。

【施工箇所】
 駐車場、アプローチ、庭
【施工時期】
 2006年

完成時の様子です。

施工前の様子です。

エントランス部はヨーロッパの舗石と自然石の乱張りを混ぜた、おさえた色使いのデザインです。

その隣には、車1.5台分のスペースを車庫・パーゴラ・駐輪場・門塀・花壇を兼ねたものとして一つにまとめた空間を配置しました。

樹木の根元にはギボウシやフウチソウなど、さまざまな色と形の宿根草を植え込み、緑に包まれる空間を目指しました。

反対側の花壇にも十分な量の植栽を施しました。こちらの花壇ではカシワバアジサイが満開になっていました。

PAGE TOP