,

旗竿地でつくる明るく居心地の良い庭空間

2013年
長野市 N邸

N様のお宅は住宅街の中にある旗竿地(旗型の形状の土地)に建てられた新築住宅でした。道路に接する間口が狭く四方に隣家がある立地で、あまり作りこみすぎてしまうと圧迫感が出てしまうことが考えられました。また、建物が木の質感を感じられる優しい風合いでしたので、芝をメインにしたシンプルで使いやすいエクステリアとしました。

【施工箇所】
 駐車場、アプローチ、庭
【施工時期】
 2013年

完成時の様子です。

施工前の様子です。

道路から奥の庭へと続く通路は使いやすさやコスト面を考慮し、アスファルト敷きになっています。この通路を進むと駐車スペース~アプローチへと続いていきます。周囲からの視線を気にしなくてもすむように、周囲は木製フェンスの囲みになっています。

庭はシンプルにウッドデッキと芝、樹木で仕上げ、明るく気持ちの良い空間になっています。芝が広がる庭はお子さんの遊び場にもぴったりです。

玄関へと続くアプローチは洗い出し、その両脇が植栽スペースになっています。今後、ここに植物を植え込んでいけば緑に包まれるアプローチが出来上がっていきます。
また、玄関奥のスペースをいかし木製駐輪場兼物置を製作しました。自転車はアプローチからそのまま収納し、物置は側面に入り口の扉がついています。

PAGE TOP