,

たくさんの緑に包まれて暮らせる庭づくり

2010年~2011年
長野市 S邸

こちらのお宅はお客様自身が設計士で、建物もS様ご自身で設計されたものでした。植物が生い茂り緑に包まれる庭にしたい、というご要望でしたので、構造物はフェンスやアプローチだけにとどめて植栽でつくりあげていくプランとしました。
また、S様のお宅は第一期、第二期と2回にわたり工事をし、時間をかけて完成させていきました。

【施工箇所】
 アプローチ、庭
【施工時期】
 第一期工事2010年
 第二期工事2011年

完成時の様子です。

施工前の様子です。

第一期の工事ではフェンス、アプローチ、樹木の植えつけを行いました。通常、ウッドフェンスをつくる際には防腐加工が施された材木を使用しますが、S様のお宅では建物の木の質感に合わせて杉材を使用しました。

庭には枕木のステップと菜園スペースがあります。また道路との境界は噴石を並べて仕切りました。ブロックやレンガを使うよりも、さらに自然の風合いが感じられます。

第二期工事の完成後の様子です。ウッドフェンスや植栽を追加しました。奥様が植え込んだ宿根草の成長とともに、施工前とは見違えるほど緑に包まれる空間になりました。

フェンスの足元には四季折々に楽しめる草花が植え込まれています。道路との境界を噴石で仕上げたため、より自然な風合いになっています。

完成から2年後のアプローチの様子です。

PAGE TOP