,

古い外構から明るく洗練された外構へリフォーム

2016年
長野市 S邸

S様のお宅は23年ほど前に建築され、外構も建築時にハウスメーカーが施工したものでした。時間の経過とともに傷みや汚れなどが目立つようになり、またS様がご近所で見かけた弊社で工事をしたお宅のお庭を大変気に入っていただいたことから、既存の外構全体を今風に、そしてナチュラルにリフォームしたいというご依頼をいただきました。

【施工箇所】
駐車場、アプローチ、庭
【施工時期】
2016年

完成時の様子です。

施工前の様子です。

今回の工事では駐車場、アプローチ、庭、塀のリフォームを行いました。ただ、既存の塀を壊すことは時間も費用もかなりかかってしまうため、表面のタイルを剥がし新しい塗装材で塗ることで、明るく洗練された塗り壁へと変えていきました。アクセントとして、部分的に自然石風のタイルを貼ってあります。
また、新しい塗り壁にあわせて門扉も新しくし、照明やレンガの花壇も設けました。

もともとコンクリートで出来ていた駐車場でしたが、時間の経過で傷みや汚れが目立つようになっていました。今回はカーポートは既存のままとして、コンクリート部分を新しく作り変えました。入り口はホワイト~薄いグレー系の自然石を貼り、また後ろのほうには新しくレンガ積みの花壇も作ってあります。

内部の壁も形や位置や以前のままです。タイルを剥がし新しい塗り壁として生まれ変わりました。新しく追加した植栽もありますが、ほとんどは既存の樹木をそのまま活かしています。

以前はインターロッキングが敷き詰められていたアプローチも、枕木を敷き詰めたナチュラルな空間になりました。

庭部分にはS様のお好きなバラを絡ませられるように木製のパーゴラを製作しました。

以前、庭側には目隠しになるようなフェンスや塀などがなかったため、今回の工事では新たに目隠し用の木製フェンスも設置しました。
S様の工事ではリフォームとはいえ全てを壊すのではなく、使えるものはなるべく残しながらも既存の外構のイメージを一新する景観になるようにプランいたしました。その結果、既存の塀やテラス、カーポートなどの構造物を残しながらも、S様に喜んでいただける明るくナチュラルで今風な空間にすることができました。

PAGE TOP