,

ガーデニングと家庭菜園が楽しめる庭づくり

2009年
長野市 S邸

こちらの御宅は、ご夫婦でガーデニングを楽しんでいらっしゃるお客様でした。 そのため、この工事ではガーデニングがより楽しめるガーデンアイテムづくりと草花の映える庭への修景をご希望でした。
プランでは、庭仕事で使う道具を収納し菜園でとれた野菜を下げておけるクラインガルテン風の小屋と、オープンガーデンの際にお客様とくつろげるパーゴラスペースを中心に庭を修景しました。

【施工箇所】
 アプローチ、庭
【施工時期】
 2009年

完成時の様子です。

施工前の様子です。

リフォームは既存のアプローチである階段~玄関まわりにかけて始まりました。
以前はコンクリートの質感そのままのものでしたので、その上から自然石を貼りつけて植物がよく似合う明るくナチュラルなアプローチに作り変えました。

階段の正面に新たに作った塗り仕上げのデザイン壁です。
足元の植物はお客様の手による植え込みで、撮影時には夏の日差しを受けて青々と茂っていました。
ガーデニングというとやはり植物がメインになりますが、こういった構造物があると全体の景観に締まりが出て、植物もより引き立ちます。

庭の奥には庭道具の収納や収穫した野菜の保管場所として木製物置をつくりました。
軒を少し出しているため、雨の日の出入りも安心です。

施工前に物置小屋があった場所には、オープンガーデンの際にお客様とくつろげるパーゴラスペースをつくりました。
また、S様のお宅は周囲が畑や農地ではありますが、境界となるものが土留があるだけだったため、新たにウッドフェンスを作り周囲を囲いました。
パーゴラのまわりは目隠しも兼ねています。

アプローチから庭へとつながるスペースにも、今回新たに砂利と枕木で通路を設けました。

完成から1年後の様子です。
S様が丹精こめて育てた植物たちが青々と茂り、新たに作ったアプローチ、パーゴラ、物置なども、植物の力で以前からそこにあったかのように馴染んでくれていました。
S様のお宅は構築物を中心に入り口から庭の奥までのつながりを意識したプランですが、基本的にオープンガーデンをしているお客様ですから「ポイント」や「器」をきちんと業者が作れば、あとはきれいに植物を植え込んで素敵な庭を必ず作り上げてくれるのです。

PAGE TOP