限られたスペースでも作れる充実したエクステリア

2013年
長野市 M邸

M様のお宅は細い生活道路沿いに建つ新築住宅でした。玄関は建物脇にあり、道路との間のスペースを駐車場兼アプローチとして使用します。限られたスペースでしたが、必要なものを全てうまくおさめることができ、充実したエクステリア空間になりました。

【施工箇所】
駐車場、アプローチ
【施工時期】
2013年

完成時の様子です。

施工前の様子です。

M様のお宅は細い生活道路沿いに建つ新築住宅でした。道路との間の駐車場兼アプローチとして使用するスペースが南側に面しており、玄関は建物東側にありました。駐車場として2台分のスペースを確保しつつも、残りのスペースをどのように使いやすく、そしてまとまりのある景観に仕上げるかがプランのポイントでした。
結果的には、カーポート付きの駐車場を2台分作り、その隣にも来客時に使用できるサブ駐車場をつくりました。メインの駐車場はコンクリートですが、こちらは自然石を組み合わせて作っています。

このサブ駐車場はアプローチの一部も兼ねているため、コンクリートではなく自然石を使い見た目にも配慮しました。門柱の裏と立水栓の間を通り、玄関へ続くアプローチがのびています。
M様のお宅ではレンガを多く使用しました。立水栓もレンガを積んで仕上げ、また隣地との境界のフェンスもフェンス同士の間にレンガを積んで変化をつけています。薄いグレー~薄いブラウンがベースのところに、白く粉が吹いたような仕上げの輸入レンガを使用しています。華やかな色ではありませんが、こうして多めに使ってもくどくなり過ぎず、ナチュラルに馴染んでくれる素敵なレンガです。

玄関へ続くアプローチは自然石の平板によるステップと芝の組み合わせになっています。春から秋の間は玄関から出てすぐに、気持ちの良い緑が広がる空間を楽しめます。毎日通るアプローチですから、緑が広がっていると出かけるときも帰ってくるときも、とても気持ちよく歩けるのではないかと思います。

PAGE TOP