,

木製の物置&駐輪場があるナチュラルエクステリア

2017年
長野市 M邸

M様のお宅は分譲地の一角にあり、施工前は新築ではよくある砂利のままの状態でした。奥様がバラや花苗を育てることが好きな方でしたので、ガーデニングが楽しめるように、そしてM様家族で緑の庭がある暮らしを楽しんでいただけるようにプランした結果、施工前からは見違えるような充実したガーデン・エクステリアになりました。

【施工箇所】
駐車場、アプローチ、庭
【施工時期】
2017年

完成時の様子です。

施工前の様子です。

M様のお宅は玄関が駐車場側を向いており、車2台分の駐車スペースをとると、ちょうどアプローチのすぐ脇まで駐車場がきます。全面コンクリートなどで固めれば楽かもしれませんが、それではデザイン性もナチュラル感も感じられません。M様も緑を多く取り入れたエクステリアをご希望でしたので、駐車場とアプローチの大きさ、配置、使用する素材はこだわりました。

1台分の駐車場はコンクリートで、1台分の駐車場は枕木を使っています。その分芝の面積が広がり、全体に占める緑の割合も多くなりました。アプローチにはベルギー産の自然石を敷いています。

門柱は塗り壁をベースにウッドを組み合わせ、表札・ポスト・照明を取り付けました。

門柱の裏側にはウッドデッキがあります。一部には目隠しをつけましたが、通常のフェンスよりも細い板を使うことで、圧迫感を減らしました。

庭の一番奥には菜園スペースと共に、木製の駐輪場&物置を作りました。駐輪場と物置が隣り合っているタイプで、通常のものより軒も出ているため雨の日でも安心です。木製物置は”いかにも物置”という雰囲気がないので、これがあるだけでも庭のひとつの景観になります。

立水栓も枕木で新しく作りました。小さなスペースなので見落としがちですが、この立水栓もこうして庭のイメージに合わせて作ると見栄えがしますし、新しくつくった庭の雰囲気にもよく馴染んでくれます。庭やエクステリアがきれになったのに立水栓はそのまま・・・ではやはりちょっと寂しいので、当社ではこの枕木タイプの立水栓をよく製作しています。

PAGE TOP