,

ペットと家族が快適に過ごせる外構リフォーム

2016年
須坂市 T邸

T様からのご依頼は、ペットの犬がフェンスを越えて逃げ出してしまうので何とか対策をとりたい、というものでした。当初の内容こそペットの脱走防止でしたが、実際のお打ち合わせで話していくうちに、今の状態では庭として使えていないので、どうせなら毎日家の中から見ても楽しめる庭に作り変えましょう!ということになり、外構全体のリフォーム工事になりました。

【施工箇所】
アプローチ、庭
【施工時期】
2016年

完成時の様子です。

施工前の様子です。

施工前のM様のお宅は、格子状のアルミフェンスが設置されており、ペットがここに足をかけて逃げ出してしまうという事でした。ペットの脱走を心配することなく庭で過ごせるように、そして家族が気持ちよく過ごせる庭空間になるようにリフォームしました。

既存のフェンスと低木類は撤去し、境界の仕切りは塗り壁と樹脂製のフェンスを組み合わせた新しい壁になりました。これに合わせて古い門扉も撤去し、新しい門扉、表札、表札灯を設置しました。立派な建物の雰囲気に合わせた高級感のある門まわりです。

門を入って正面に玄関ドアがあり、左右に庭スペースが広がる配置になっています。メインの庭となるスペースにもともとの犬小屋があったので、こちら側を特に脱走防止用に工夫し、塗り壁、フェンス、門扉で全てを囲う形としました。

メインの庭スペースには、今まではなかったウッドデッキを作りました。また、T様のお宅では雑草に困ることがないように、このスペースだけ人工芝を使用しています。

ウッドデッキの前には新しく設置した境界兼目隠し用の塗り壁がありますが、室内からの眺めがよくなるように、建物側には自然石風のタイルを貼り照明も設置しました。また、常緑樹と落葉樹を1本ずつ植えた植栽スペースも、自然石を敷き詰めることで、より上質な雰囲気になっています。

メインの庭スペースの反対側には和室があり、そちらは自然石で仕切った花壇と植栽のシンプルなデザインです。また、この和室前の犬走りには木製の物置を設置しました。通常、弊社で作る物置は床のコンクリートを打ち、現場で柱を建てていきますが、T様のお宅では犬走りに設置できるように特別にこの大きさのものを作り、完成品を設置しました。

PAGE TOP